頭髪の悩みに立ち向かうのだ

AGAに悩んでいるのは君だけじゃない|ハゲ気味を改善する

原因を理解する

男性

加齢や遺伝子でもないのにハゲが進行しているという男性や、ハゲが改善されず苦しい思いをしているという男性は、AGAの可能性が考えられるためまずは一度東京にあるクリニックで受診すると適切です。AGAの人は男性ホルモンが原因でハゲが進行してしまうので、育毛剤などを使用してもハゲが改善されないなどの場合があります。また、AGAは若い人でもじゅうぶん発症し得る症状なので年齢に関係なく男性ならだれもが発症する可能性が考えられます。AGAの主な原因は、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化してしまうことで、発毛サイクルが衰えてしまい育毛効果が得られなくなってしまうというものです。通常、髪の毛にはヘアサイクルがあるため、抜けたり生えたりを繰り返します。しかし、このAGAを発症してしまうとヘアサイクルが正常に行なえなくなってしまうため髪の毛がじゅうぶん成長しなくなり、抜け落ちたまま生えてこなくなってしまうのです。

なぜ、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化してしまうと髪の毛がじゅうぶんの育たなくなってしまうのかというと、毛母細胞に原因があります。毛母細胞には毛乳頭といって毛細血管から送り込まれた栄養素により髪の発育を手助けする部分があります。しかし、毛母細胞への血流が滞ってしまうと、頭皮や頭髪に栄養が届かなくなってしまいます。そのため、栄養が不十分になってしまった頭髪は髪の毛が伸びず生えることもなくなってしまうのです。元々は健康的でイキイキとしていた毛髪も、栄養が行き届かなくなることで弱々しくなってしまい最終的には抜け落ちてしまいます。これらの症状は自分でも改善することができますが、症状によっては東京にあるクリニックで診察を受けることが適切です。東京にはそんなクリニックが数多くあるので自分に適したクリニックを見つけることができるといえます。

Copyright(C) 2015 AGAに悩んでいるのは君だけじゃない|ハゲ気味を改善する All Rights Reserved.

GO HOME!